サブカテゴリー

PR:

清水富美加 所属事務所が見解「無理やりとかやりたくない仕事をさせていたことはない」

清水富美加について会見する山縣敦彦弁護士(左)と塩川泰子弁護士                           
Photo By スポニチ

 宗教法人「幸福の科学」に出家するとして、芸能界を引退する女優・清水富美加(22)の所属事務所が12日夜に会見し、見解を示した。

 教団側はこの日午後に開いた会見やホームページに掲載した文面で、清水が出家を決意するに至った過程に関して、良心や思想信条にかなわない仕事が増え、断ると所属事務所から干されてしまうという恐怖心との葛藤の中に置かれていたなどとし、そうした状況について「奴隷契約」「一種の苦役」と主張。さらに、心身の不調をきたし、2月に入りドクターストップがかかったことから、現在は芸能活動を中断しているとしている。

 これに対し、所属事務所は顧問弁護士2人が会見。「無理やり仕事をさせたりとか、やりたくない仕事をさせていたということはない」と否定。「当社は月に1回か週に1回、マネジャーが本人と直接面談し仕事の説明をしている。本人がその場でやりたくないと言ったら(事務所としてその仕事を受けないと)考えることもあるが、そういうことはなかった。本人はむしろ、積極的にいろんな仕事を受けたいと言っていた」と説明した。

 教団は事務所に対して2月末での契約解除を通知。この点に関しては「5月20日まで契約がある。2月末で終わるということは法的にはないと思っている」とした。

[ 2017年2月12日 21:04 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル

      スペシャルコンテンツ