PR:

MAKIDAI 衝撃で事故の記憶なし 頭部から流血「天井がゆがんでた」

MAKIDAI
Photo By スポニチ

 昨年12月に北海道七飯町で交通事故に遭い、肋骨骨折や肺挫傷などで全治2〜3カ月の重傷を負ったEXILEのMAKIDAI(41)が31日、メーンパーソナリティーを務める日本テレビ「ZIP!」(月〜金曜前5・50)で仕事復帰した。事故後初のテレビ出演となった。

 1カ月ぶりに番組復帰を果たし「ただいまです。無事に帰って参りました」と笑顔であいさつしたMAKIDAIは、番組中盤に、事故の詳細や現在の状態について報告。現在、歩行やジョギングはできるというが、ケガは完治はしておらず「骨がくっついていないので、激しい運動はできない状態。痛みも完全にないわけでない」と話した。

 昨年12月24日未明、ユニット「PKCZ(R)」として「三代目 J Soul Brothers」(三代目JSB)の札幌ドームでのライブに車で向かう途中、大型トラックと衝突する事故に遭った。「ショックのため」事故の直前と直後の記憶がなく、胸の激しい痛みで意識が戻り、気づいたら担架で運ばれていたという。「熱いもの(血)が頭から流れていて、胸が苦しくて熱くてつらい状況。担架に乗せられ、天井がゆがんだ状態で(運ばれながら)景色が何となく変わっていく感じだった」と赤裸々に語った。

 函館の病院に搬送され入院生活となったが、当日に体がどれだけ動かせるかチェックし、翌日には補助を受けながらもベットに座れるまで至ったという。「肺に血がたまっていたので、それを抜いて、それ以降は早く体を動かした方がいいとのことだった」

 補助器を使いながらも4日後には立ち上がり、歩行も可能に。両親の見舞いや、EXILEのリーダー、HIRO(47)が歩くMAKIDAIの姿をみて「安心した」と喜んでくれたことが「復活の励みになった」とも。周囲の激励を支えに、都内の病院に転院後は8キロの鉄アレイを持ってのスクワットや上半身のストレッチなどリハビリを重ね、今月20日に退院。スピード回復へとつなげた。

 事故のためにライブが中止になったことについても「楽しみにしていた方やメンバー、スタッフの気持ちを察すると苦しい気持ち」とつらい心境を口にした。それでも、入院中には、メンバーの活躍などを見ることで、音楽やエンターテインメントが自身の力になっていることをあらためて実感。「その世界にいる喜びをかみしめて、今は恩返ししたい気持ちでいっぱい」と力強く誓った。

[ 2017年1月31日 07:53 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:12月12日12時〜13時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル