PR:

狩野英孝、報道陣追及にしどろもどろ「直接的なことは言えない」

会見の冒頭、頭を下げ一礼する狩野英孝(中央)
Photo By スポニチ

 20日発売の写真週刊誌「FRIDAY」(講談社)で女子高生との淫行疑惑が報じられたお笑いタレントの狩野英孝(34)が21日、東京都内で会見を行った。会見は1時間以上にも及び、黒のスーツ姿で登場した狩野は時折涙を浮かべ、汗を流し、リポーター陣の追求にしどろもどろになる瞬間も見られた。

 「半同棲という事実はございません。合鍵も渡していません」と“半同棲”報道を否定しつつも、自宅に泊めたことも認めた狩野。相手の17歳の女性との関係について「真剣交際だったのか?」と聞かれた狩野は「彼女に恋愛感情がありました。でも親や友達に堂々と彼女だと宣言する前に10代だと打ち明けられた」と交際以前の関係であったことを強調。彼女の年齢と疑うことは「まったくなかった」とし、「恋愛感情はありましたが、好きだ、愛しているという言葉はなかったが、恋愛に取り組んでいく過程だった。彼女とか彼氏という関係ではなかった」と続けた。

 彼女の年齢を知ったきっかけについて「何か嘘をついていることない?」と狩野から問い詰めたことを明かし、「聞いた時に少し間があった」と不審に思って、何度か聞いたところ、10代であることを打ち明けられたという。報道陣からは「何か思うところがあった?」と問われると「恋愛になってくると、相手のことをいろいろ見えてくる。(年齢について疑問を持ったことは)まったくないです。ただ、野生の勘というか、自分の中で勘が働いた」と話した。

 「自分の彼女だと言う前に10代だと知った」「恋愛感情を育んでいた段階」「彼女と紹介する前だった」と交際以前の関係を強調するコメントを繰り返す様子に、「ということは他にも複数の女性がいたのでは?」との質問も飛んだが、「そんなことはありません。彼女だけ」とキッパリとこれを否定。報道陣からは「10代であっても、好きであればご両親にあいさつに行ったりする(真剣交際する)という行動もあるのでは?」との疑問もぶつけられたが「僕、34歳なんですけど、10代だと聞いて、考えられなかったです。このまま22歳であれば、僕の彼女だと親に紹介したりだとか、そういう発展はあったかもしれない。(17歳でも)ダメってことはないと思うが、僕の中ではちょっとなかった」と話した。

 年齢も知らず、真剣交際だったらのなら謝る必要はないのでは?との疑問も残ったが「相手のご両親もそうですし、うちの両親、迷惑をかけたスタッフさん、うちの事務所の人間に対して謝らないといけないと思った」と謝罪会見を開いた意図を説明した。

 場合によっては東京都の条例違反に問われる可能性もある。「もしそういうふうになることがあれば、素直に受けます。彼女と恋愛感情を育んでいたのは事実なので。法に触れるということよりも、10代だとウソをつかれていたショックと、10代の相手にどうやって言葉や行動を見せていけば良いのかというのが一番だった」と真しに受け止める覚悟を口にした。

 彼女のウソについては「10代のいたずらかなと。彼女を責めるつもりはない」とし、「2人で話し合って友人関係になった」とした。彼女とは今でも連絡を取り合っているといい、「友人として関係は続いていくつもり」とし、今後それ以上の関係に発展することについても「それはわかりません」と否定はしなかった。

 17歳という相手の年齢もあり、彼女との具体的な関係については「(相手が)10代なのであまり直接的なことは言えない」「(男女関係はあった?)それは申し上げられない」と曖昧な回答を繰り返した。報道陣からは「家に泊まったということは大人の理解でいい?」と強調されるも「ちょっとそれは…」「直接的なことはちょっと」と最後まで男女関係については明かなかったが、明確な否定もなかった。回答に困り、額から大粒の汗を流し、手でぬぐう姿も見られた。

[ 2017年1月21日 14:15 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:09月20日22時〜23時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル