PR:

Gグローブ賞 「ラ・ラ・ランド」が史上最多7冠、トランプ氏批判も

 米アカデミー賞の前哨戦となる映画賞、第74回ゴールデン・グローブ賞の各賞が8日、米ロサンゼルス郊外ビバリーヒルズで発表され、ミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」がミュージカル・コメディー部門の作品賞や主演男優・女優賞、監督賞など史上最多の7部門で受賞した。

 ラ・ラ・ランドは、ロサンゼルスを舞台に女優の卵とジャズピアニストの恋愛を描いた。ドラマ映画部門では米マイアミの貧しいアフリカ系少年の成長を描いた「ムーンライト」が、アニメ部門では「ズートピア」が受賞。日本関連の候補作品はなかった。

 授賞式では、エンターテインメントの分野で顕著な業績を挙げた人を対象とするセシル・B・デミル賞が女優メリル・ストリープに贈られた。ストリープはスピーチで移民排斥を唱えるトランプ次期米大統領に対し「ハリウッドはよそ者や外国人であふれている。彼らを追い出せばアメリカンフットボールと総合格闘技以外、見るものはなくなる」と批判。

 さらに、トランプ氏が過去の選挙集会で障害のある男性記者をあざけるようなしぐさをしたことも非難し「道徳観念を持ったメディアが力を持ち、(トランプ氏の)目に余る行動を逐一追及する必要がある」と訴えた。(共同)

[ 2017年1月9日 18:25 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:06月29日22時〜23時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル

      スペシャルコンテンツ