PR:

「逃げ恥」またも上昇13・6% 5週連続右肩上がり!TBS火ドラ最高更新

 女優の新垣結衣(28)が主演を務めるTBSのドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(火曜後10・00)の第6話が15日に放送され、平均視聴率は13・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが16日、分かった。これで5週連続の視聴率上昇で、同局火曜ドラマ「火10枠」の最高記録をまたも更新した。

 初回10・2%は、2014年4月期に新設された火曜ドラマ「火10枠」としては初の2桁発進。第2話で「マザー・ゲーム~彼女たちの階級~」(15年4月期)最終回の10・5%を大きく上回る12・1%を記録し、火ドラ歴代1位に。続く第3話は12・5%、第4話13・0%、第5話13・3%と数字を上昇させ、今回も前週を0・3ポイント上回り5週連続での右肩上がりとなった。
 
 データニュース社(東京)のテレビ視聴アンケート「テレビウォッチャー」の調査(対象1200人)によると、初回放送を見た後に第2話も続けて見たという、最も脱落者の少なかった秋ドラマのランキングトップが今作品。「ガッキーが適役であり、可愛さを十分に生かせていた」(29歳男性)など、新垣の“かわいい”をいかす脚本と演出、次はどういう展開に…という、サスペンスとは違った安心したドキドキ感が次につながっているとみられている。

 原作は講談社「Kiss」で連載中されている海野つなみ氏による同名漫画。求職中の妄想女子・森山みくり(新垣)が、独身会社員・津崎平匡(星野源)の家事代行として働くことに。やがて2人は、従業員と雇用主という関係の「契約結婚」をしてしまう社会派ラブコメディー。エンディングで星野が歌う主題歌「恋」に合わせ、新垣らキャストが披露する通称・恋ダンスが話題に。

 第6話は、「ハグの日」を制定した、みくり(新垣)と津崎(星野)は、恋人のような空気を醸し出すことに慣れてくる。百合(石田ゆり子)から旅行を勧められた2人は戸惑いながらも、新婚旅行ならぬ「社員旅行」へ。開放的な気分を楽しむ2人だったが、温泉旅館に到着すると、部屋に用意されたダブルベッドに慌ててしまう。しかし突然のアクシデントにも温厚に対応する津崎の姿に、みくりはかつての交際相手の姿を重ねる。そんな中、みくりの前に見覚えのある男性が現れる。旅行先で「夫婦」としての関係を問われる行動が試される中、津崎は恋人の疑似体験に心地よさを感じていく一方で、みくりは津崎との関係に、疲れと諦めを感じ始める…という展開だった。

[ 2016年11月16日 09:56 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:12月12日04時〜05時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル