PR:

瑛太、増子直純との“兄弟愛”に自信 自伝は「高校時代のモテ期まで読んだ」

ステキロックオペラ「サンバイザー兄弟」公開フォトコール&初日前会見に出席した瑛太(左)と増子直純

 俳優の瑛太(33)が13日、東京・池袋のサンシャイン劇場で行われた大パルコ人3ステキロックオペラ「サンバイザー兄弟」の公開フォトコール&初日前会見に、怒髪天の増子直純(50)らとともに出席した。

 同作は、宮藤官九郎(46)作・演出のオリジナルロックオペラのシリーズ。舞台は2033年の池袋。新しい年号は「素敵」。東池袋の歌のうまいヤクザ・サンバイザー兄弟の「兄弟愛」と「父娘愛」を、怒髪天・上原子友康(49)のオリジナル楽曲にのせて、自由に、華やかに、バカバカしく描く。

 兄弟役を演じる瑛太と増子に期待することを聞かれると宮藤は「男同士の暑苦しい兄弟愛を表現してほしいと、稽古場から一貫して言っていました。瑛太君にも歌ってもらいますので期待しています。というか素晴らしいです」とコメント。

 これを受け、瑛太は「僕の中で兄弟愛はもうできている」と言い、増子から自伝『歩きつづけるかぎり』をもらったそうで、「控室をご一緒にさせてもらっているんですけど、増子さんが髪の毛にアイパーをかけている横で、僕はそれを読みながら、『この人果てしないな。計り知れない人だな』ということを毎日感じています。(自伝は)今は高校時代にモテていたところまできました」と明かして笑いを誘った。

 また、ライブ経験はあるものの、こういう舞台で歌うのは初めてという瑛太は「細かい増子さんに直接教わりました。昨日もゲネがあったんですけど、始まってみたらアドレナリンが出て、何よりも皆さんに楽しんでほしいという気持ちがあればいいんじゃないかなと、今は思っています」と覚悟した表情を見せ、「出演者全員バカ…。じゃなくて出てくるキャラクター全員バカなんです。こんな面白い舞台を僕は見たことがないです。この演劇を見ないで何を見るんだ!!」と強い口調でアピールした。

 このほか、同会見には三宅弘城(48)、皆川猿時(45)、清野菜名(22)、少路勇介(36)、よーかいくん、篠原悠伸(24)、上川周作(23)、りょう(43)も出席した。

 12月4日まで東京・サンシャイン劇場、12月8日から18日まで大阪・森ノ宮ピロティホール、12月21日から23日まで宮城・仙台サンプラザホールにて上演。

[ 2016年11月13日 14:42 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:12月12日16時〜17時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル