サブカテゴリー

PR:

テレ東、石坂浩二に「鑑定団」降板通告 発言シーン2年間ほぼカット

司会降板を通告されていたことが分かった石坂浩二
テレ東「開運!なんでも鑑定団」から司会降板を通告されていたことが分かった石坂浩二
Photo By スポニチ

 俳優の石坂浩二(74)が、テレビ東京「開運!なんでも鑑定団」(火曜後8・54)の司会降板を同局から通告されていたことが27日、分かった。3月いっぱいで交代する方向で調整が進んでいる。94年4月の放送開始から同局の看板として約21年間続く番組を、知恵袋として支えてきた功労者。しかし、ここ2年ほど番組中でほとんど発言がなく、視聴者から不思議がる声が上がっていた。

 関係者によると昨年9月、テレビ東京や番組制作会社幹部らが都内に石坂を呼び降板通告した。

 理由については「視聴率不振と、20年以上たった番組の刷新が目的」と説明。このときは石坂サイドが反発し物別れに終わり、その後何度も協議が行われたが、局側は降板を譲らず。3月をもって司会交代する方向で調整に入った。

 難航したのは、局側が提示した降板理由。96年の歴代最高視聴率23・7%(関東地区、ビデオリサーチ調べ、以下同)には及ばないが、26日放送分は平均13・7%を記録するなど、依然テレ東ではトップクラス。また、スポニチ本紙の取材では、刷新を掲げつつも、3月で交代予定のメンバーは現時点で石坂のみだ。

 同番組での石坂をめぐってはここ2年ほど、ネット上などで視聴者から「放送中、ほとんどしゃべっていない」との指摘が相次いでいた。制作スタッフは「収録中はたくさんしゃべっている」と証言。にもかかわらず、約2年にわたり、ほぼ発言が放送されていない。別のスタッフは「コーナーが多く、出演者を問わず発言はカットされがち」としつつ、「収録での石坂さんの言葉数からすると違和感がある」と、意図的に編集している可能性を指摘する。

 スポニチ本紙の取材に同局広報部は「番組の制作過程についてはお答えできない。改編期はこの番組に限らずリニューアルを検討している」と回答。石坂の所属事務所は「コメントを差し控える」とした。

[ 2016年1月28日 05:36 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング

        ※集計期間:

        » 続き

        【楽天】オススメアイテム
        クイックアクセス

        芸能情報

        タレント

        ランキング

        コラム&情報

        アイドル

        スペシャルコンテンツ