PR:

川島なお美さん 死去前夜に吐血…夫・鎧塚氏に「ごめんね」

自宅前で取材に応じ、川島なお美さんの最期の様子を気丈に語る鎧塚俊彦氏

 24日に胆管がんで亡くなった女優川島なお美(かわしま・なおみ、本名鎧塚なお美=よろいづか・なおみ)さん(享年54)の夫でパティシエの鎧塚俊彦さん(49)が26日、都内の自宅前で、川島さんの最後の言葉が「ごめんね」だったと告白した。

 鎧塚氏は憔悴(しょうすい)して、かすれた声で、川島さんの最期の様子を初めて明かした。

 「力強く僕の目をグッとしっかりと見て、“ハッ、ハッ”と魂を吐き出すように息をしていた。本当に力強かった。その時の言葉は聞き取れなかった。(最期は)苦しまずに眠るように息を引き取った」と気丈に話した。

 最後に聞いた言葉は「ごめんね」だった。亡くなる前日の23日午後11時すぎ、川島さんは吐血。ベッド周辺に血が飛び散った。鎧塚氏はそれまで、吐血した時のためにタオルなどを準備していたが、その時は「油断していた」という。鎧塚氏が「ごめんね、ごめんね」と謝って血を拭こうとすると、川島さんが「ごめんね」とひと言、口にした。鎧塚氏は「多分、部屋を汚してしまったことに対してだったと思っていたが…」と話したが、川島さんとしては、病気になってしまったことを最愛の夫にわびていたのかもしれない。鎧塚氏は「(吐血の)血の量も多くて女房も“厳しいな”と思ったんじゃないか。そのまま意識が薄れていった」と振り返った。

 鎧塚氏はこの日、喪服を購入するために外出。「いろんな人が家に来てくれて、僕よりも付き合いの長い人が、僕が知らない女房の話をしてくれる。これで良かったのかな、もっと応えるべきことはあったのかなと思う。答えは出ないですけどね」と打ち明け、唇をかみしめた。

[ 2015年9月27日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:09月24日16時〜17時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル