PR:

紅白後半42・2%、7年連続大台もW杯超えならず…年間1位逃す

「第65回NHK紅白歌合戦」紅組司会を務めた吉高由里子(中央)。連続テレビ小説「花子とアン」のメンバーと再会し、感極まる

 昨年大みそかに放送された「第65回NHK紅白歌合戦」の平均視聴率(関東地区)が2日、ビデオリサーチから発表され、前半(第1部)は35・1%、後半(第2部)は42・2%だった。後半は7年連続の“大台”40%超えも、昨年6月15日に放送されたNHK「2014FIFAワールドカップ 日本×コートジボワール」の46・6%は上回れず。14年の年間視聴率1位を逃した。

 2013年から前半は1・8ポイント、後半は過去10年間で最高だった44・5%から2・3ポイント下落した。

 日本代表が初出場した1998年フランス大会以降、W杯イヤーの年間視聴率は
<1998年>
1位=NHK「ワールドカップサッカーフランス98・日本×クロアチア」60・9%
3位=「第49回NHK紅白歌合戦」57・2%
<2002年>
1位=フジテレビ「2002FIFAワールドカップ グループリーグ・日本×ロシア」66・1%
8位=「第53回NHK紅白歌合戦」47・3%
<2006年>
1位=テレビ朝日「2006FIFAワールドカップ 日本×クロアチア」52・7%
5位=「第57回NHK紅白歌合戦」39・8%
<2010年>
1位=TBS「2010FIFAワールドカップ 日本×パラグアイ」57・3%
6位=「第61回NHK紅白歌合戦」41・7%

 と、いずれもW杯日本戦が1位。紅白は今回も“強敵”の壁を破れなかった。 
 
 今回の紅白歌合戦後半は連続テレビ小説「花子とアン」特別編から始まり、ゴールデンボンバーの丸刈りパフォーマンス、メガヒット映画「アナと雪の女王」の企画で神田沙也加(28)米女優イディナ・メンゼル(43)が米ニューヨークから中継“競演”。

 中森明菜(49)が組分けを超えた特別枠で、2002年以来12年ぶりの紅白出演。米ニューヨークのスタジオから中継で生出演し、10年7月以来の公の場となった。国民的5人組バンド「サザンオールスターズ」も同じく特別枠で、年越しライブ会場の横浜アリーナから31年ぶりにサプライズ出場。出場18回目の松田聖子(52)が大トリを務めるなど、話題が目白押しだった。

 テーマは「歌おう。おおみそかは全員参加で!」。総合司会は有働由美子アナウンサー(45)紅組司会は吉高由里子(26)白組司会は「嵐」が務めた。白組が3年連続勝利し、対戦成績を36勝29敗とした。

[ 2015年1月2日 11:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:08月22日09時〜10時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル