PR:

熊切監督 最優秀男優賞“予感” 浅野は共演二階堂に感謝

映画「私の男」モスクワ映画祭で最優秀男優賞と最優秀作品賞を受賞した浅野忠信(左)と二階堂ふみ
Photo By スポニチ

 ロシアで開催されていた「第36回モスクワ国際映画祭」のコンペティション部門で熊切和嘉監督(39)の「私の男」が最優秀作品賞を受賞し、主演の浅野忠信(40)も最優秀男優賞を受賞した。ダブル受賞の快挙を受けて、1日、都内で浅野とともに、ヒロインを演じた二階堂ふみ(19)が記者会見を開いた。

 桜庭一樹氏(42)の直木賞受賞作を原作に、震災孤児の少女・花(二階堂)と彼女を引き取った遠縁の男・淳悟(浅野)との「禁断の愛」を描いた。浅野と二階堂は今回が初共演だった。

 浅野は「ふみちゃんがいなければ淳悟はあり得なかった。現場では常に花の状態でいてくれて、その存在感がなければ淳悟のいろいろな側面が出てこなかったと思う。ふみちゃんがいなかったらこの賞ももらえていない。とても感謝しています」とパートナーに厚く感謝。

 浅野をもともと「憧れの映画人だった」と評した二階堂も「言葉での教えはなかったが、一緒に現場にいてくださる時に、役の関係性を保ったままいてくれた。役者さんとして、映画人としてのあり方を言葉ではなく、背中を見て感じることが多かった。(浅野の言葉は)光栄です」と笑顔を見せた。

 2人とも受賞は家族に最初に伝えたという。二階堂は母から「いつかは主演女優賞楽しみしています」と叱咤激励されたことを明かした。

 日本作品がグランプリに輝くのは99年の故新藤兼人監督「生きたい」以来、15年ぶり。熊切監督は台北映画祭に審査委員として参加しており、会見には無料通話アプリ「スカイプ」での参加となった。モニタ越しでの浅野との対面に「髪切りました?」と投げかけ笑いを誘いつつ、「取るんじゃないかなという気がしてました。おめでとうございます」と祝福。浅野からも「監督の方もおめでとうございます」と祝福の声を受け、「ありがとうございます」と喜びを分かち合った。

 授賞式には出席せず、トロフィーをいまだ手にしていない状態の熊切監督だが、会見場に到着したトロフィーを見て「おーーー!」と歓喜。「15年ぶりの受賞は光栄なこと。これからは覚悟をもって、1本1本撮っていかないといけない」と快挙にも気を引き締めていた。

[ 2014年6月30日 20:51 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:12月17日15時〜16時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル