PR:

いいともゆえ“不仲”越え奇跡の共演!太田「仲の悪い人と会えた」

「爆笑問題」の太田光

 日本のお昼を彩ったフジテレビ「笑っていいとも!」が31日、東京・台場の同局から「笑っていいとも!グランドフィナーレ感謝の超特大号」(後8・00~11・14)として生放送され、司会のタモリ(68)と新旧レギュラー、明石家さんま(58)、ダウンタウン、ウッチャンナンチャン、とんねるず、爆笑問題、ナインティナイン、SMAP・中居正広(41)、笑福亭鶴瓶(62)という豪華メンバーが同時にステージに立つ夢舞台が実現した。

 タモリとさんまによる名物立ちトーク「タモリ・さんまの日本一の最低男」が復活。軽妙なやり取りを展開した。

 午後8時25分に始まったが、当時のように“雑談”は簡単に終わらない。同45分、しびれを切らしたダウンタウン、ウッチャンナンチャンが登場。浜田雅功(50)が「長ーい!長ーい!めっちゃ押してる!長ーい!」とイラつきながら、さんまの口に白のビニールテープを貼った。

 まだゲストを控え、松本人志(50)が「早くやらないと、われわれも、とんねるずが来たら、ネットが荒れるから」と以前からささやかれる“不仲説”をネタに爆笑を誘った。

 その後、同50分、とんねるずが“乱入”。松本は「ネットが荒れるから、ダメやって」。浜田も「今、出ちゃダメ」と“注意”。石橋貴明(52)は「(時間がなくなり、出番が)終わっちゃうじゃん、だって」と返した。

 さらに同52分には、爆笑問題がステージになだれ込む。ダウンタウンは爆笑問題とも“共演NG”などと言われ、松本は「もう1回言うけど、ネットが荒れるから」。太田光(48)は「荒れろ!荒れろ!」とあおった。

 続いてナインティナイン。岡村隆史(43)はとんねるずと爆笑問題に「順番抜かし!」とツッコミ。出番を先に奪われたようだ。

 同53分、中居が「整理しよう、整理しよう」と客席から“混乱”のるつぼと化したステージに上がる。タモリも「これ、オレの番組だぞ!」と大声を張った。

 収拾がつかなくなり「皆さんで仲良くお話ししてください」のカンペ。石橋は「順番抜かしじゃないんだよ。松本がネットで荒れるって言うから。そしたらオレはネットで見たら、キーマンは石橋貴明だって。だからオレは太田に言ったの。『太田、一緒に(ステージに)上がろう』って」と内幕を暴露。太田は「このメンバーで仲良くできるわけねーじゃねーか。タモリさんのおかげで、こうして仲の悪い人たちと会うことができた」と猛毒を吐いた。

 同59分に鶴瓶。「オレ、こんなところ、よう入らんわ」。最後に中居が「皆さんがこうやって仲良く来られたのも、タモリさんの人徳だと思います」と締め、午後9時1分、CMへ。奇跡の共演は幕を閉じた。

[ 2014年3月31日 21:18 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:02月24日04時〜05時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル