PR:

カンニング竹山 ネット上の“美談”を否定「全くのデマです」

ツイッターで“美談”を完全否定したカンニング竹山

 お笑いタレントのカンニング竹山(42)が19日、自身のツイッターで、インターネット上で広まっている“美談”について「全くのデマです」ときっぱり否定した。

 竹山は小学校の同級生だった中島忠幸さんとお笑いコンビ「カンニング」を結成し、1992年にデビューした。しかしブレーク直後の04年、中島さんは白血病のため入院。入退院を繰り返して抗がん剤などによる治療を続けたが、06年12月20日に35歳の若さでこの世を去った。竹山は中島さんの闘病中は「中島が帰ってくるまでは」と漫才のネタはやらず、「カンニング竹山」として1人で活動。相方の死後も「あえて本名に戻す必要もない」とコンビ名を芸名として名乗り続けている。

 以前からインターネット上などでは、竹山が「カンニング」を名乗っている理由として「コンビを解散しなければ中島さんに給料が半分入るシステムになっている」という“美談”が広まっていた。竹山はこの日、「情報源も確認せぬままデマがどんどん勝手に恐ろしいほど広まる傾向にあります」「若年層がむやみやたらとデマのRTをしてるようなので一度気持ち悪いのでここでおじさんの立場からハッキリ言わせていただきます」と前置きした上で、“美談”のリンクを張り「添付の情報は全くのデマです」と完全否定。「こんなやり方をしたら脱税で俺は捕まります。迷惑です、やめて下さい」と呼び掛けた。

 さらに「何がどうなってるかは話す必要がないので今後も一切話さず!あしからず」と続け、今後もこの件について明かす意思のないことを示した。

[ 2013年5月19日 14:42 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:07月20日20時〜21時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル

      スペシャルコンテンツ