サブカテゴリー

PR:

「幸せの時間」過激性表現は「視聴者愚弄の危険性」 BPO ドラマに初指摘 

 東海テレビ(名古屋市)制作の昼のドラマ「幸せの時間」の性表現が過激だったとして、放送倫理・番組向上機構(BPO)の「放送と青少年に関する委員会」は23日までに、同局に「視聴者を愚弄したと受け止められる危険性があると自覚してほしい」などと指摘した。

 BPOがドラマについて言及するのは初めてという。委員会は同局から回答を求めており、2月末にも最終的な意見をまとめる。

 「幸せの時間」は昨年11〜12月、フジテレビ系で平日の午後1時台に放送。ある家族の崩壊と再生を描く物語で、性行為の描写や、女子中学生が父親の友人の前で制服を脱ぐ場面など、刺激的な演出が話題になった。東海テレビによると、視聴者の苦情が相次ぎ、第8話から表現を見直した。

 BPOにも「昼間は子どもが見る可能性がある」などと批判が寄せられ、委員会は民放連の定める放送基準に照らし合わせ、児童や青少年への配慮に欠ける性表現があるとして、昨年末に審議を始めた。

 同局は「ドラマのテーマを伝えるために必要な表現と考えた。放送基準には準拠している」と説明。委員会は、地上波の公共性の認識が制作現場で共有されていないと指摘、「逸脱した表現は、地上波の表現の自由に自らかせをはめることになる。視聴率のためには過激な性表現の話題づくりも必要と考えたのではないか」と懸念を示した。

 東海テレビは今回の指摘について「今の段階ではコメントできない」としている。

[ 2013年2月23日 08:19 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング

        ※集計期間:

        » 続き

        【楽天】オススメアイテム
        クイックアクセス

        芸能情報

        タレント

        ランキング

        コラム&情報

        アイドル

        スペシャルコンテンツ