PR:

吉祥寺の前進座劇場が閉館 梅之助ら名残を惜しむ

 劇団前進座が拠点とし、30年間にわたりファンに愛されてきた東京・吉祥寺の前進座劇場が9日、ファイナル公演の千秋楽を迎え、閉館した。

 歌舞伎の「三人吉三巴白浪」を上演した後、出演者らは、詰め掛けた観客のカーテンコールに応えた。劇団代表を務める俳優の中村梅之助さん(82)は新歌舞伎の「元禄忠臣蔵 最後の大評定」で大石内蔵助が城を明け渡すときのせりふを述べて、名残を惜しんだ。

 同劇場は作家の松本清張さんらが呼び掛け、全国から集まった約1億9千万円の募金で1982年、建設された。花道と回り舞台があり、前進座による歌舞伎や創作劇の公演のほか、「こまつ座」など他団体の公演も行われ、約30年間で延べ約200万人以上が来場したという。

 東日本大震災後、隣接する病院の拡張計画が浮上し、敷地の売却を決めた。前進座はほかの劇場を借りて活動を続ける。

[ 2013年1月9日 18:19 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:09月23日08時〜09時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル