PR:

母の生活保護は知られたくなかった…河本「情けなくて恥ずかしい」

母親の生活保護受給問題について会見した河本準一。涙ぐみ、声を詰まらせる場面も
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「次長課長」の河本準一(37)が25日、母親の生活保護受給が問題になっていることについて都内の所属事務所で記者会見を行い、生活保護受給を認めて謝罪。一部返還に応じる意向を示した。

 「正確に確認ができていない」(渡邊宙志弁護士)としながらも、受給開始の時期について河本は「芸人活動を始めて2、3年後の14、5年前だったと思う。(自身の)第1回目の援助は5、6年前からで、援助の増額を決めたのは今年1月」と説明。その後、報道を受け、4月に母親の申し入れによって生活保護の受給を辞退したという。

 「福祉の方と相談した上でのことで、(受給は)ずっと正しいと思っていた。問題があるとは気付かなかった。いろいろなご指摘があって、初めて人として自分だけが甘えているんではないかと思った。そのことについては情けなく思う。道義的に人として、まだまだ未熟者だった」と語った河本。

 一部の返還の意向を明らかにしているが、正しい分も返還するのかという問いには「収入がたくさんあるにもかかわらず、生活を保護を受けていたという事実の部分に対し、認識の甘さがかなりあった。5、6年前からの分はすべてきちんとお返しするつもりです。あくまでも(返還は)自分の気持ち。今まで福祉の方に助けていただいた分を返すということです」と続けた。

 自分の母親が生活保護を受けていたことに対しては「正直なところ、情けなくて恥ずかしい気持ちです」と本音を吐露。「誰にも知られたくなかったですし、そういうことも全部、世間の方に明るく振る舞うことが自分の仕事だと思っていた。ずっと仕事をしてきましたが、早く(母親を生活保護から)抜けさせてあげなければという思いだった」と話した。

[ 2012年5月25日 12:37 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:09月21日11時〜12時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル