PR:

オダギリジョー主演ドラマ 視聴率3・4% 民放連ドラ最低記録

主演ドラマの視聴率がまさかの低空飛行となったオダギリジョー

 俳優オダギリジョー(36)主演のフジテレビ「家族のうた」(日曜後9・00)の第3話の視聴率が3・4%(4月29日放送、ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが1日、分かった。

 3話までの平均視聴率は4・4%になり、2000年以降のプライム帯(午後7~11時)の民放連続ドラマ史上で最低記録となった。

 主人公のロックミュージシャンのもとに3人の子供が現れ、いきがりながらも振り回される父親像を描くドラマ。撮影前に「パパはニュースキャスター」(TBS、87年放送)の脚本家から類似点を指摘され、フジが一部内容を変更するトラブルがあった。視聴率は第1話が6・1%、第2話が3・6%と落ちている。

 00年以降のプライム帯の連ドラで、全話の最低平均視聴率は03年1月期の日本テレビ「メッセージ」(真中瞳主演)の4・4%。3話目ですでにその数字に並んだだけに、全話の最低記録を更新する可能性が出てきた。裏番組にTBS日曜劇場や日本テレビ「行列のできる法律相談所」など人気番組があるが、昨年春のフジ「マルモのおきて」は高視聴率をはじきだしており、苦戦の理由にはならない。

[ 2012年5月2日 06:53 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル

      スペシャルコンテンツ