サブカテゴリー

PR:

洗脳からの解放は父の役割が重要 飯星景子「弱々しい姿に…」

「オセロ」中島知子 家賃滞納訴訟敗訴 (2月28日)

 マインドコントロールを解くためには「両親や兄弟など、被害者が一番愛情を感じている家族の役割が重要。中でも父親が被害者の心を打つケースも多い」と話すのは、日本脱カルト協会代表理事で立正大心理学部の西田公昭教授だ。

 解く手順は(1)被害者と相手を引き離し、頼れないようにする(2)家族が愛情と熱意を持って語りかけ、被害者の悩みを共感する(3)聞く耳を持つようになったら専門カウンセラーなどを訪ね、相手の本性を暴いていく(4)心を整理する時間を持つ。感情的に混乱したり人間不信に陥るため、心の整理には何カ月もかかることもあるが「この時間が大変重要」(西田氏)という。

 父親は被害者を怒ったり共感できない部分があり、相手にとって“悪者”に仕立てやすい。西田氏は「悪者と思っていた父親に優しくされると被害者の心に響く」。

 かつてマインドコントロールされた経験を持つタレントの飯星景子(49)は、父親で作家の故飯干晃一氏が弱々しい姿でカウンセラーに会ってほしいと懇願してきた時に「私がそうさせたのか」と思い、話を聞くきっかけになったと明かしている。飯星親子と親しくマインドコントロールに詳しい有田芳生参院議員は「お父さんが何が何でも娘を取り戻すんだと頑張っていた。最も有効な解決方法は親が絶対に諦めないことです」と指摘した。

[ 2012年2月29日 08:09 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング

        ※集計期間:

        » 続き

        【楽天】オススメアイテム
        クイックアクセス

        芸能情報

        タレント

        ランキング

        コラム&情報

        アイドル

        スペシャルコンテンツ