PR:

HKT48 13歳元ホークスエースの愛娘は「全力投球」宣言!

西武ドームのAKB握手会イベントでお披露目された「HKT48」

 AKB48の妹分で福岡・博多を拠点とする「HKT48」が23日、埼玉県所沢市の西武ドームでお披露目された。

 AKB48の握手会イベントにサプライズで登場した21人は博多弁を交えて初々しくあいさつ。元プロ野球選手で野球解説者の若田部健一氏(42)の長女・遥(13)は、約1万5000人のファンを前に「全力投球」宣言。父や先輩からも温かい激励を受けた。

 アイドル界の“若鷹軍団”が羽ばたき始めた。

 東京・秋葉原のAKB48、名古屋・栄のSKE48、大阪・難波のNMB48に続く国内4組目のご当地グループ。平均年齢13・8歳のメンバーはホームベース付近から現れると、中堅に設置されたステージまで全速力でダッシュ。ステージではAKB48の「スカート、ひらり」を歌唱。年内に予定している専用劇場でのデビュー公演に向けて猛レッスンに励んでいる成果を披露した。

 それぞれ自己紹介した中で「私はダンスが大好きなことに自信があります」と胸を張ったのが若田部。地元球団ダイエー(現ソフトバンク)のエースとして活躍した健一氏の長女で、現役時代に甘いマスクでファンをひきつけた父親譲りの端正なルックスの持ち主だ。

 「いつでもどこでも元気に全力投球で歌って踊るけん、応援よろしくお願いします」。父が00年8月の西武戦で完封劇を収め、その年のリーグ優勝に勢いをつけた思い出の場所でアイドル道をまい進することを誓った。

 愛娘の晴れ舞台を健一氏も祝福した。「はい上がってここまでこられた努力を喜び、称えたい」とエールを送り「簡単な世界ではないので、しっかりチャレンジしていってほしい」とプロの世界で働く厳しさを説いた。

 AKB48の中で、若田部との対面を心待ちにしていたのが倉持明日香(22)。自身も元ロッテ投手の倉持明氏(59)が父親とあって「早く会いたい」と以前から話していたという。念願の対面が実現し「いつか一緒に野球の番組をやりたい」と夢を膨らませた。

[ 2011年10月24日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:08月21日14時〜15時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル