PR:

SMAP初の海外公演に4万人!中国語で「世界に一つだけの花」

北京の工人体育場で行われたSMAPのコンサートで盛り上がるファン

 人気グループSMAPは16日夜、北京市内の工人体育場で、1988年の結成以来初の海外コンサートを開いた。日中のファン多数が詰め掛け、小雨の降る中、蛍光ライトを手に大歓声を送った。主催者発表によると、約4万人が来場した。

 テーマは「がんばれ日本、ありがとう中国、アジアは一つ」。東日本大震災からの復興への願いと中国の支援への感謝を込めたといい、曲の合間に稲垣吾郎が「支援は日本にとって大きな力となった。ありがとうございました」と述べた。

 約30曲のうち、ヒット曲「世界に一つだけの花」などを中国語で披露。木村拓哉が「このような機会をまたつくりたい」とあいさつすると、ファンは総立ちになった。

 木村んとドラマで共演した台湾の女優リン・チーリンもスペシャルゲストとして登場し会場を盛り上げた。コンサートは2時間余りで混乱なく終了した。

 SMAPは昨年、上海でコンサートを開く予定だったが、尖閣諸島付近での中国漁船衝突事件などで日中関係が悪化し中止された。日中国交正常化40周年を来年に控え、両国政府には中国でも人気のあるSMAPのコンサートを民間交流の目玉とし、同事件で悪化した両国の国民感情を改善する狙いもある。

 上海から来たファン歴7年の女性、屈夢楠さん(25)は「昨年は上海公演がキャンセルになり残念だったが、とうとうSMAPに会えた。大感激」と興奮した様子で話した。

 チケットは最も安い席で280元(約3400円)で、最高は1980元。中国各地からファンが駆け付けたほか、日本からも千数百人がツアーで北京入りした。(共同)

[ 2011年9月16日 23:29 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:12月17日10時〜11時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル