PR:

前田武彦さん急死…巨泉とテレビ黄金時代築く

死去した前田武彦さん

 「巨泉×前武ゲバゲバ90分!」「夜のヒットス  タジオ」の司会で知られ、「マエタケ」の愛称で親しまれたタレントの前田武彦(まえだ・たけひこ)さんが5日午前11時16分、肺炎のため都内の病院で死去した。82歳。東京都出身。59回目の結婚記念日だった先月28日に、突然体調を崩し入院。同日夜から一度も目覚めることなく息を引き取った。通夜、葬儀・告別式は近親者のみで営まれ、後日、お別れの会が開かれる予定。

 前田さんはこの日午後5時42分、ストレッチャーに乗せられ無言で都内の自宅に戻った。午後6時すぎ、自宅前で会見した長男・塁(るい)さん(52)によると、先月28日、朝から体調不良を訴えて入院。検査で腸閉塞(へいそく)が見つかり、それによる脱水症状で腎臓、肺などの機能が低下。点滴などの治療を行ったが、昏睡(こんすい)状態に陥った。

 4日には血圧や心拍数などの数値が安定したものの、5日に容体が急変。塁さんの呼びかけに一度「あ、あ」と応えただけで、家族にみとられ息を引き取った。

 20年ほど前から糖尿病を患っていたが、所属事務所の関係者は「入院するまで、こちらが驚くほど元気だったのに」とぼう然と話した。

 入院した28日は59回目の結婚記念日。2歳年上の妻・嘉子さんは60回目を迎えるのをとても楽しみにしており、「お互いいちずに思い合っていただけに、相当ショックを受けている」(塁さん)という。塁さんは「父は海に行くのが好きで、ヨットや釣りでストレスを解消していた。よく一緒に連れて行ってもらった。家族思いで、いい意味で仕事人間ではなかった」と声を絞り出した。

 前田さんは立教大学中退後の53年、テレビ開局直後のNHKの「こどもの時間」の放送作家として“テレビマン人生”をスタート。61年に始まった日本テレビ「シャボン玉ホリデー」の脚本を手がけ、故青島幸男さんや永六輔氏(78)ら放送作家と親交を深めた。

 60年代後半からはタレント業に進出。68年スタートで芳村真理(76)とコンビを組んだフジテレビ「夜のヒットスタジオ」、コント55号が出演した「お昼のゴールデンショー」で初代司会。翌年スタートで大橋巨泉(77)と共演した日本テレビ「巨泉×前武ゲバゲバ90分!」では高視聴率を記録。痛快な毒舌で今日のバラエティー番組の基礎を築いた。日本テレビ「笑点」の司会にも抜てきされ、草創期のテレビ界で暴れ回った。

 一方、73年には生放送の「夜のヒットスタジオ」のエンディングで、参院選補選で当選した共産党候補者に向けて万歳のポーズ。電波を私物化しているとの批判を受け、同番組ばかりか、ほかの出演番組からも降板させられた。背景には戦時中の悲惨な体験があったと言われている。80年代中ごろに復帰した後は俳優業にも乗り出した。

 最後の仕事は先月16日、永氏がパーソナリティーを務めるTBS「土曜ワイドラジオTOKYO 永六輔その新世界」へのゲスト出演。6日放送の同番組出演も決まっており、事務所関係者によると「とても楽しみにしていた」という。

 ◆前田武彦(まえだ・たけひこ)本名同じ。1929年(昭4)4月3日、東京都生まれ。太平洋戦争中に海軍予科練に1年半在籍。NHKの放送作家として「宇宙船シリカ」「はてな劇場」などの台本を手掛けた。フジ「ゴールデン洋画劇場」の初代解説者も務めた。その後、第一線から退くが、84年にTBS「朝のホットライン」にお天気キャスターとしてカムバック。映画「釣りバカ日誌」シリーズなどに出演した。

[ 2011年8月6日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:06月26日08時〜09時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル

      スペシャルコンテンツ