PR:

渡哲也「健康と年齢」理由に石原プロ社長勇退

石原プロモーションの社長辞任について語る渡哲也(左)と一線を退く小林正彦専務

 俳優渡哲也(69)が11日、石原プロモーションの社長退任を発表した。合わせて同社の経営を取り仕切ってきた小林正彦専務(75)も退任した。

 渡は故石原裕次郎さんの後を継ぎ、社長を24年務めたが「健康面と年齢を考えた結論」と説明。舘ひろし(61)、神田正輝(60)も取締役を退き、裕次郎さんの妻で会長のまき子さん(77)に経営の全権を委譲した。渡らは今後、石原プロ所属の一俳優として活動する。

 渡は東京・調布の同社に集まった記者を前に「(09年7月の)裕次郎さんの二十三回忌の節目を終えたら社長を退任し、社長職をまき子さんへお返しすることを決めていました」と静かに語った。

 社長就任は87年10月。初代の裕次郎さんが同年7月に死去した後だった。裕次郎さんと同じ社長在職24年を迎えたのを機に3月28日の株主総会で退任が正式決定した。昨年の命日の直前、仏前に辞表を置いてきた。

 まき子さんは代表取締役会長に留任。名実ともに経営の全責任を負うことになる。ただ、社長就任については「渡さんが一生懸命やっていた社長に私がなるのはおこがましい」と固辞したことから、当面、後任は決めない方針だ。渡のほか、舘や神田、小林専務らまき子さん以外の取締役5人全員が「渡と一緒に」と退任した。6月いっぱいで20数人の全社員が退社し、7月1日付で一部社員が再雇用される。

[ 2011年5月12日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:01月21日11時〜12時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル