サブカテゴリー

アウディ、新型A8を年半ばに発売 EVのSUVも

アウディの新型「A8」
Photo By 共同

 アウディジャパン(東京)は11日、高度な自動運転技術を搭載した旗艦車「A8」の新型モデルを今年半ばに発売すると明らかにした。2020年までにスポーツタイプ多目的車(SUV)の電気自動車(EV)も投入し、高まる輸入車人気に対応する。

 斎藤徹社長が東京都内で記者会見した。高級モデルである「A7」と「A6」の新型車も年内に発売すると説明し「ブランドの認知度を高めたい」と意気込んだ。

 A8は、一定の条件下でドライバーに代わり自動で走る「レベル3」と呼ばれる技術を備えているのが売り。ただ法律が整備されていないため、当面は現行の他メーカーの自動運転車と同様、ハンドルなど複数の操作を自動化する「レベル2」にして販売する。

 SUVタイプのEVは中国などで人気だが、国内市場では珍しい。20年までに二つのモデルを導入する予定という。

 国内市場では高額な輸入車の人気が高まっており、11日発表された統計によると、17年の外国メーカーの新車販売台数は20年ぶりに30万台を超えた。ただアウディブランドは4位と、メルセデス・ベンツなど他のドイツメーカーに水をあけられている。

[ 2018年1月11日 16:38 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

バックナンバー

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      クイックアクセス

      CARトピックス

      F1

      東京モーターショー

      【楽天】オススメアイテム