PR:

大鵬の孫・納谷幸之介 全日本相撲選手権で予選敗退「力出し切れず悔しい」

全日本相撲選手権に出場した埼玉栄高の納谷(右)は、予選2回戦で日大の広尾に勝利
Photo By スポニチ

 全日本相撲選手権が3日、東京・両国国技館で行われ、大相撲の元横綱・大鵬の孫で、元関脇・貴闘力の三男・納谷幸之介(17=埼玉栄3年)は決勝トーナメント進出はならなかった。今年の国体少年の部を制して出場権を得た納谷は、予選1回戦で寺沢樹(東洋大4年)に押し出されたが、2回戦は広尾達成(日大3年)を一気の攻めで押し出した。勝てば決勝トーナメント進出だった3回戦は奮闘むなしく、8年前の大会覇者・冨田元輝(和歌山県庁)に引き落としで敗れた。

 高校最後の大会を終え、「力を出し切れずに悔しい。もっと前に出られたら良かった。緊張はなかったけど、焦ったところがあった。勝った相撲は自分の相撲が取れた」と振り返った。

 1メートル90、160キロと恵まれた体格は、祖父の大鵬を想起させる。今後は、祖父が起こした大鵬部屋の流れをくむ大嶽部屋に入門し、来年1月10日に初場所の新弟子検査を受検する。プロ入りは「小さい頃からの目標」。プロでの目標を聞かれると「幕内で活躍できる力士になりたい」と話した。

[ 2017年12月3日 15:01 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(格闘技)

      ※集計期間:12月16日13時〜14時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロレス

      ボクシング

      コラム