PR:

村田“原点回帰”サンドバッグめった打ち「刺激変えたかった」

WBA世界ミドル級タイトルマッチ   王者アッサン・エンダム≪12回戦≫同級1位・村田諒太 ( 2017年10月22日    両国国技館 )

サンドバッグ打ちに励む村田
Photo By スポニチ

 村田諒太(31=帝拳)が原点回帰の練習に取り組んだ。半月後に再戦を控えたこの日は、スパーリングやミット打ちを行わず、ひたすらサンドバッグを叩いた。

 2日に行ったスパーリングの内容が悪く、10ラウンドの予定を7ラウンドで切り上げ。上体が突っ立ってパンチに重心が乗らなかったため、前日4日は「殴る感覚をつかむのが大事」とスパーの前にサンドバッグを叩いたという。「いい感じでスパーができた。刺激を変えたかったし、今日も多めにやった方がいいと思ったので」と説明した。

 米国で世界挑戦した同僚の三浦隆司氏(引退)と亀海喜寛から推薦され、今回から導入した米エバーラスト社製のグローブにも慣れてきたという。「ガツンと来るけれど、拳が守られている感じもある」と好感触を口にした。

[ 2017年10月6日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(格闘技)

      ※集計期間:02月25日11時〜12時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロレス

      ボクシング

      コラム