PR:

山中 公開練習“手の内隠し”も「10日ぐらい前からスムーズに動けるように」

パンチングボールを叩く山中
Photo By スポニチ

 ボクシングのWBC世界バンタム級タイトルマッチ12回戦(15日、島津アリーナ京都)で具志堅用高(元WBA世界ライトフライ級王者)の日本記録に並ぶ13連続防衛を狙う王者・山中慎介(34=帝拳)が9日、東京都新宿区の帝拳ジムで公開練習を行った。

 ランキング1位の指名挑戦者ルイス・ネリ(22=メキシコ)のマネジャーやトレーナーらが視察に訪れた中、フィリピン人パートナーを相手に2ラウンドのスパーリングやサンドバッグ打ちなどを披露。スパーはマスボクシング程度と軽めで、山中が滅多に打たない左右のアッパーを出すなど手の内を隠す形となった。

 コンディションについて問われた山中は「1カ月半ぐらい前から調子が上がらず不安になったこともあったが、10日ぐらい前から腰の張りがスッと抜けた感じがあってスムーズに動けるようになった。“ここで上げればいい”というのが体に染みこんでいるのかもしれない」と説明。真夏で調整が難しい中、「今回は妻(沙也乃夫人)が食事の面で頑張ってくれた。料理をしている方にいろいろと聞いて、栄養など調べて飽きさせないものをつくってくれた。失敗作は3割ぐらいだったんじゃないですか(笑い)。ちょっと話を盛りましたけど(爆笑)」と感謝した。

 節目の13度目の防衛に関しては「具志堅さんの記録に並ぶ試合で注目してもらえるのは素直にうれしいが、ネリという強い相手を選んでもらったので、記録を意識することなく、防衛のプレッシャーは感じずにネリを倒すことだけを意識して練習ができた」とコメント。ネリについては「中間距離で力を発揮する相手で、足を止めてしまうと連打が出る良いバランスがある。一発も強い」と評しながらも「自分のパンチが当たらないとは思っていない」とキッパリ。ネリが6ラウンドでの決着を予告していると聞かされると「じゃあ、(こちらは)5ラウンドにするか。6ラウンドを逃したところで、7ラウンドにするか。当日考えます」とジョークを口にする余裕も見せた。

[ 2017年8月9日 16:45 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(格闘技)

      ※集計期間:12月15日20時〜21時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロレス

      ボクシング

      コラム