PR:

コラレス「バットマン」マスクで“ロビンフッド”撃破だ

計量を終えたコラレス(中)はバットマンのマスクをかぶり、カステジャノス(右)とポーズ
Photo By スポニチ

 ボクシングのWBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ(15日=日本時間16日、米カリフォルニア州イングルウッド)の前日計量は14日(同15日)、試合会場の「ザ・フォーラム」で行われた。同級王者ジェスレル・コラレス(26=パナマ)はリミットを200グラム下回る58・8キロで一発クリア。挑戦者の同級10位ロビンソン・カステジャノス(35=メキシコ)は58・7キロだった。

 コラレスは計量を終えると、「バットマン」のマスクをかぶってカステジャノスと記念写真に収まった。カステジャノスが「ロビンフッド」の異名を取ることにちなんだものと思われ、「いいマスクだった」と指摘されるとニヤリ。内山高志(ワタナベ)と対戦した昨年の来日時も計量にマスクをかぶって現れており、試合前日でも陽気な態度は変わらなかった。

[ 2017年7月15日 07:41 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(格闘技)

      ※集計期間:09月20日19時〜20時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロレス

      ボクシング

      コラム