PR:

45歳池山が最年長防衛 池原は負傷引き分けで防衛

 世界ボクシング機構(WBO)の女子ダブル世界戦各10回戦は28日、大阪市のアゼリア大正ホールで行われ、アトム級は王者で45歳5カ月の池山直(フュチュール)が2度目の防衛を果たし、男女を通じて自らが持つ国内最年長防衛記録を更新した。21歳年下の挑戦者、ノル・グロ(フィリピン)を手数で圧倒し、3―0で大差の判定勝ちを収めた。池山の戦績は10戦8勝(1KO)2敗。

 ミニフライ級は30歳の池原シーサー久美子(フュチュール)がジョゼベル・パガデュアン(フィリピン)に1回終了負傷引き分けで初防衛した。偶然のバッティングで池原が額を切り、試合続行不可能と判断された。池原の戦績は9戦6勝(3KO)1敗2分け。

[ 2015年2月28日 19:01 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(格闘技)

      ※集計期間:10月23日17時〜18時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロレス

      ボクシング

      コラム