PR:

石田 8・4再起戦!ロンドン金の村田にライバル心

記者会見で再起戦について語る、WBAスーパーウエルター級元暫定王者の石田順裕

ノンタイトル10回戦 石田順裕―エリー・パンガリブアン
(8月4日 大阪・IMPホール)
 3月にモナコでWBAミドル級世界戦に挑みTKO負けした元WBA世界スーパーウエルター級暫定王者の石田順裕(37=グリーンツダ)が17日、大阪市内の同ジムで会見。8月4日にインドネシア選手のエリー・パンガリブアン(30)と再起戦を戦うことを発表した。

 一度は引退に傾いていた石田が現役続行を決めたのは、この一言がすべてだった。「村田(涼太)くんと試合がしたい」。ロンドン五輪ミドル級金メダルをひっさげて4月にプロ転向した日本重量級のホープはそれほどの存在。石田にも、長らく日本の重量級を支えてきた自負があっても、これまで海外を拠点にしてきたため「日本で知名度がない」と嘆く。村田との重量級日本人対決が実現すれば、知名度アップは確実だ。

 陣営は年内にも東京で復帰第2戦を行う予定。「まずこのクラスで日本人最強を証明したい」と“夢のカード”をできるだけ早くやりたい考えだ。今年38歳を迎える石田にとって、今後は1戦1戦が勝負となる。

[ 2013年6月18日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロレス

      ボクシング

      コラム

      スペシャルコンテンツ