サブカテゴリー

PR:

内山「自分の価値も上がる」 ダウン経験なしバスケス戦に自信

プロボクシング WBA世界スーパーフェザー級王座統一戦12回戦  王者・内山高志―暫定王者ブライアン・バスケス (12月31日  東京・大田区総合体育館)

予備検診を終えポーズをとる内山(左)とバスケス
予備検診を終えポーズをとる内山(左)とバスケス
Photo By スポニチ

 王座統一戦に臨む王者・内山高志が“絶対に倒れない男”との対決に闘志を燃やした。予備検診では7月より首回りで1センチ、胸囲が0・8センチ大きくなっており、「継続してトレーニングした成果。コンディションはばっちり」とパワーアップに胸を張った。内山は7月の世界戦では偶然のバッティングによる引き分け。今回はグローブを高くしてガードしたり、体を使ってさばくなどの対策をしてきた。

 相手の暫定王者、バスケスは過去29勝無敗15KOの実績もさることながら、「これまでダウンを奪われたことは一度もない」といい、「この試合でも倒れることはない」と不敵に笑った。難敵の言葉にも、内山は「そういう相手とやった方が自分のためになるし、自分の価値も上がる。KOか判定かは分からないけど、必ず勝つ」と6度目の防衛で“KOダイナマイト”復活を証明する。

[ 2012年12月30日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

PR

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング

        ※集計期間:

        » 続き

        【楽天】オススメアイテム
        クイックアクセス

        プロレス試合結果

        ボクシング

        スペシャルコンテンツ