PR:

昭和の名悪役・上田馬之助さん急死 果物のどに詰まらせ

タイガー・ジェット・シン(左)とのタッグでアントニオ猪木(中)を攻める馬之助さん

 元プロレスラーの上田馬之助(うえだ・うまのすけ、本名・上田裕司=ひろし)さんが21日午前10時7分、呼吸不全のため大分県臼杵市内の病院で死去した。71歳。愛知県出身。大相撲の力士を経て60年に日本プロレス入り。全日本、国際、新日本などで活躍した。96年に車の事故で頸椎(けいつい)を損傷し、車椅子生活を余儀なくされ、98年に引退した。「まだら狼」「金狼」と呼ばれた名物レスラーが鬼籍に入った。

 金髪をなびかせ、竹刀を振り回す悪役で一世を風靡(ふうび)した名物レスラーが逝った。

 上田さんは96年3月に交通事故に遭い下半身が不自由になり車椅子生活を余儀なくされ、熊本県内の病院などでリハビリ。最近は大分県臼杵市内の自宅で恵美子夫人とリハビリに励んでいた。恵美子夫人によると21日午前、果物をのどに詰まらせ同市内の病院に搬送されたが、午前10時7分、息を引き取った。恵美子さんは「病院に着いた時には呼吸をしていなかった。いろいろ手当てをしたが、医師からは“のどにものが詰まり、呼吸ができずに窒息死した”と言われた」と説明した。

 上田さんは58年大相撲の追手風部屋に入門。当初は上田山、後に海部錦(あまにしき)のしこ名で序二段12枚目まで昇進したが、60年に廃業して日本プロレス入り。61年にデビューした。アントニオ猪木らに比べ地味だったが、66年に渡米し悪役レスラーとして活躍したことが転機となった。

 76年に国際プロレスに参戦した当時から髪を金色に染めるようになり、竹刀などの凶器を使い反則を繰り返すスタイルを確立。当初は金髪がまだらだったことから「まだら狼」、後に「金狼」と呼ばれ、日本初の本格ヒール(悪役)として注目を集めた。その後は新日本や全日本で、アントニオ猪木、ジャイアント馬場らを相手に、タイガー・ジェット・シンとのタッグで大暴れした。

 車椅子生活になってからもプロレスへの愛情は変わらず、98年に熊本県内で開催された引退記念大会には車椅子に乗って姿を見せた。臼杵市内に移り住んでからは、大分県内のローカルプロレス団体「FTO」の名誉顧問を務めた。また熊本では身体障害者施設への募金活動に取り組んだ。

 上田さんの訃報を聞いたアントニオ猪木IGF会長は「また一人、同じ時代を過ごし、闘いを通じて信頼し合えた友人の旅立ちを見送るのは大変つらい気持ちです」と悲痛なコメントを残した。

 ▼長州力 プライベートでも大変お世話になった。その大先輩が突然お亡くなりになって大変残念です。次々とプロレス界の先輩がお亡くなりになって寂しいです。

 ◆上田 馬之助(うえだ・うまのすけ)本名・上田裕司(うえだ・ひろし)。1940年(昭15)6月20日、愛知県生まれ。60年に大相撲から転身し日本プロレス入門。66年に渡米しヒールとして活躍。76年に髪を染めた“金狼”に変身して帰国し国際プロレス入り。以降、新日本、全日本、再び新日本、NOW、IWAジャパンと渡り歩いた。得意技は竹刀攻撃。1メートル90、115キロ。
 
 ◇上田馬之助氏葬儀日程
【通夜】12月23日(金)午後7時
【葬儀・告別式】24日(土)午後1時
【場所】セルモ玉泉院臼杵会館=大分県臼杵市大字市浜字堂尻1126=(電)0972(62)4949
【喪主】妻恵美子(えみこ)さん

[ 2011年12月22日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(格闘技)

      ※集計期間:11月19日23時〜00時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロレス

      ボクシング

      コラム