サブカテゴリー

2012年 ボクシング世界タイトルマッチ

WBC世界スーパーフライ級タイトルマッチ(3月27日、東京・後楽園ホール)
  王者   同級3位  
スリヤン・ソールンビサイ
(タイ)
判定
0―3
佐藤 洋太
(協栄)
※スリヤンが2度目の防衛に失敗、佐藤が新王者に
WBA世界スーパーフライ級王座統一戦(4月4日、神奈川・横浜アリーナ)
  正規王者   休養王者  
テーパリット・ゴーキャットジム
(タイ)

9回2分15秒

TKO

清水 智信
(金子)
※テーパリットが2度目の防衛に成功し、統一王者に
WBA世界バンタム級タイトルマッチ(4月4日、神奈川・横浜アリーナ)
  王者   同級12位  
亀田 興毅
(亀田)
判定
3―0
ノルディー・マナカネ
(インドネシア)
※亀田が4度目の防衛に成功
WBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ(4月6日、東京・東京国際フォーラム・ホールA)
  王者   同級1位  
粟生 隆寛
(帝拳)
判定
3―0
ターサク・ジャンデーン
(タイ)
※粟生が3度目の防衛に成功
WBC世界バンタム級タイトルマッチ(4月6日、東京・東京国際フォーラム・ホールA)
  王者   元統一世界スーパーフライ級王者  
山中 慎介
(帝拳)
判定
3―0
ビック・ダルチニャン
(オーストラリア)
※山中が初防衛に成功
WBA世界フェザー級タイトルマッチ(5月5日、シンガポール)
  スーパー王者   WBC同級10位  
クリス・ジョン
(インドネシア)
判定
3―0
木村 章司
(花形)
※ジョンは16度目の防衛に成功
WBA世界ミドル級タイトルマッチ(5月12日、ウクライナ)
  王者   同級9位  
ゲンナジー・ゴロフキン
(カザフスタン)
3回1分16秒
TKO
淵上 誠
(八王子中屋)
※ゴロフキンは4度目の防衛
WBC・WBA世界ミニマム級王座統一戦(6月20日、大阪・ボディメーカーコロシアム)
  WBC王者   WBA王者  
井岡 一翔
(井岡)
判定
3−0
八重樫 東
(大橋)
※井岡が統一王者に
WBC世界スーパーフライ級タイトルマッチ(7月8日、神奈川・横浜文化体育館)
  王者   同級1位  
佐藤 洋太
(協栄)
判定
3−0
シルベスター・ロペス
(フィリピン)
※佐藤が初防衛に成功
WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ(7月16日、埼玉・ウイングハット春日部)
  王者   同級7位  
内山 高志
(ワタナベ)
3回1分15秒
負傷引き分け
マイケル・ファレナス
(フィリピン)
※内山が5度目の防衛
WBC世界フライ級タイトルマッチ(7月16日、埼玉・ウイングハット春日部)
  王者   同級1位  
ソニーボーイ・ハロ
(フィリピン)
判定
1−2
五十嵐 俊幸
(帝拳)
※ソニーボーイ・ハロが初防衛に失敗、五十嵐が新王者に
WBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ(9月1日、大阪・住吉スポーツセンター)
  王者   同級14位  
テーパリット・ゴーキャットジム
(タイ)
判定
2−0
名城 信男
(六島)
※テーパリットが3度目の防衛
WBA世界ミニマム級暫定タイトルマッチ(10月6日、メキシコ・テピク)
  暫定王者   同級9位  
ヘスス・シルベストレ
(メキシコ)
4回
TKO
三田村 拓也
(ワールドスポーツ)
※シルベストレは初防衛
WBCダイヤモンドベルト・WBO世界スーパーバンタム級王座統一戦(10月13日、米カリフォルニア州カーソン)
  WBC名誉王者   WBO王者  
西岡 利晃
(帝拳)
9回1分54秒
TKO
ノニト・ドネア
(フィリピン)
WBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ(10月27日、東京・東京国際フォーラム)
  王者   同級4位  
粟生 隆寛
(帝拳)
判定
0−3
ガマリエル・ディアス
(メキシコ)
※粟生が4度目の防衛に失敗、ディアスが新王者に
WBC世界バンタム級タイトルマッチ(11月3日、仙台・ゼビオアリーナ仙台)
  王者   同級7位  
山中 慎介
(帝拳)
7回36秒
KO
トマス・ロハス
(メキシコ)
※山中が2度目の防衛
WBC世界フライ級タイトルマッチ(11月3日、仙台・ゼビオアリーナ仙台)
  王者   同級9位  
五十嵐 俊幸
(帝拳)
判定
2−0
ネストール・ナルバエス
(アルゼンチン)
※五十嵐が初防衛
WBA世界バンタム級タイトルマッチ(12月4日、大阪・ボディメーカーコロシアム)
  王者   同級1位  
亀田 興毅
(亀田)
判定
2−1
ウーゴ・ルイス
(メキシコ)
※亀田が5度目の防衛に成功
WBA世界スーパーフェザー級王座統一戦(12月31日、東京・大田区総合体育館)
  正規王者   暫定王者  
内山 高志
(ワタナベ)
8回3分0秒
TKO
ブライアン・バスケス
(コスタリカ)
※内山は6度目の防衛に成功
WBC世界スーパーフライ級タイトルマッチ(12月31日、東京・大田区総合体育館)
  王者   同級5位  
佐藤 洋太
(協栄)
判定
3−0
赤穂 亮
(横浜光)
※佐藤は2度目の防衛に成功
WBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ(12月31日、東京・大田区総合体育館)
  王者   同級14位  
テーパリット・ゴーキャットジム
(タイ)
4回2分8秒
KO
河野 公平
(ワタナベ)
※テーパリットが4度目の防衛に失敗、河野が新王者に
WBA世界ライトフライ級王座決定戦(12月31日、大阪・ボディメーカーコロシアム)
  同級2位   同級5位  
井岡 一翔
(井岡)
6回2分50秒
TKO
ホセ・ロドリゲス
(メキシコ)
※井岡が新王者に
WBA世界ミニマム級王座決定戦(12月31日、大阪・ボディメーカーコロシアム)
  同級2位   同級4位  
宮崎 亮
(井岡)
判定
2−1
ポンサワン・ポープラムック
(タイ)
※宮崎が新王者に
         

【楽天】オススメアイテム
クイックアクセス

プロレス試合結果

ボクシング

スペシャルコンテンツ

このページの先頭に戻る ▲