山本浩二監督「我が道」特別版

番外編 女房のおかげで野球に専念できた

70年オフの結婚式で、鏡子夫人と笑顔で見つめ合う

 プロ2年目の1970年(昭45)12月17日、1歳年下の鏡子(きょうこ)(旧姓長谷部)と結婚した。法政大学野球部の同期生、吉田京司のいとこ。3年の秋、住友信託銀行に勤めていた彼女を紹介された。

 4年になると土日の試合はほぼ見に来てくれた。いつも私が守るライトの芝生席。客がほとんどいないから目立った。特に三塁ベンチのときはマウンドの向こうに彼女が見える。「誰や?」とよく冷やかされた。

 プロポーズの言葉は「両親に会ってくれ」だったらしい。1年目のオフに両親に会わせ、2年目に挙式。新婚旅行はグアムだった。今年で結婚43年になるが、女房には頭が上がらない。

 新婚時代、自宅でのバットスイング。なにか動く目標が欲しい。最初は新聞紙を丸めて投げてもらった。だが、当たると痛い。そこでピンポン球くらいの大きさに切ったスポンジに替えた。試合後、家に帰り、食事が終わって約100球。優勝する75年まではほぼ毎日、その後も調子が悪くなると投げてもらった。怖かったろうが、よくやってくれた。

 71年12月には大事故に巻き込まれた。オフのイベントで広島県賀茂郡西条町(現東広島市)のボウリング場へ向かう途中だった。安芸郡瀬野川町(現広島市安芸区)の国道2号、上りの右カーブに差しかかったときだ。対向車線の11トントラックがオーバーランして2台前の乗用車に正面衝突。そのまま前の車と、私が運転するマツダ・カペラにぶつかった。

 ハンドルを握っていた私は無傷だったが、助手席に乗っていた妊娠5カ月の女房はフロントガラスに突っ込み、近くの救急病院で合計55針縫う重傷を負った。

 妊娠しているから麻酔は使えない。転院した東洋工業病院の先生が「感謝しなさい。救急ながら物凄く丁寧に縫っている」と感心したほど見事な施術で傷あとはほとんど残っていないが、麻酔なしで55針である。頑張って耐え、翌72年4月に長男を産んでくれた。

 前後して父が経営する上下水道管工事の会社が倒産。渡した契約金で買ってくれていた土地も手放し無一文になった。プロ野球選手でありながら月末に500円しかないこともあった。

 苦しかったのは1年くらいだったが、やり繰りして乗り越え、77年に次男、78年に三男を出産。私は1年のうち半分は家にいない。子供の行事に顔を出したのも長男の運動会1回しか記憶にない。教育はすべて女房任せだった。

 息子たちは3人仲良く近所に住み、しょっちゅう集まってご飯を食べている。

 親としてこれ以上うれしいことはない。私が野球に打ち込めたのも、家族が楽しく過ごせているのもすべて女房のおかげである。

[ 2013年2月28日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

バックナンバー

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      スコア速報

      特集・コラム

      スペシャルコンテンツ