PR:

オリ宗、11球粘って適時打 福良監督も称賛「修正できていた」

オープン戦   オリックス3―1DeNA ( 2018年3月17日    京セラD )

7回2死、この日2安打目を放つ宗
Photo By スポニチ

 7年ぶりに人工芝を全面張り替えた本拠地で、オリックス・宗が躍動した。2―1の7回2死一、二塁、パットンに対して11球粘った末に右前適時打。すでにオープン戦で4本塁打を記録しているが、本塁打以外では初打点だ。

 1、2打席目は空振り三振に倒れたが「(福良監督、下山打撃コーチから)力を抜いて、コンタクトする打撃に集中しろと言われた」と、その後に2安打をマークした。福良監督も「試合の中で修正できていた」と成長株を称えた。

[ 2018年3月18日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:04月20日15時〜16時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム