PR:

オリK―鈴木スライダーで2K 他球団警戒「伊藤智仁みたい」

シート打撃に登板したKー鈴木
Photo By スポニチ

 オリックスのドラフト2位・K―鈴木(日立製作所)が13日、シート打撃に登板し自慢のスライダーで打者4人から2三振を奪い首脳陣にアピールした。

 最初に迎えた後藤にはカウント1―1設定で連続3ボールと“四球”を与えたが続く鈴木昂には5球目で空振り三振。さらに縞田からも三振を奪った。バックネット裏で偵察していたロッテ・高木スコアラーは「真っすぐが来る感じでスッと曲がる。伊藤(智仁)みたいなスライダー」と高速スライダーで名をはせた往年のヤクルトの名投手の名前を挙げ警戒感を強めた。

 「結構横回転だと思います。でも、武器はスライダーだけじゃないですよ」。この日の最速は143キロだったが、社会人時代はMAX151キロをマークした速球にも胸を張る。

 シート打撃登板後は山田臨時コーチ指令でブルペンに戻り、投げ込んだ。「変化球を投げる時に腕の振りが少し緩むという指摘があったので」。ドラフト1位・田嶋が疲労を理由に回避した中で、まずは好アピールに成功していた。

[ 2018年2月14日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:02月22日04時〜05時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム