PR:

DeNA今永、決意の雪上トレ 開幕投手へ「武田」+「菅野・則本」

DeNA・今永は真っ白なグラウンドで入念にキャッチボール
Photo By スポニチ

 DeNAの今永昇太投手(24)が12日、福岡県北九州市内で練習を公開し、3月30日に本拠地で行われる開幕・ヤクルト戦の自身初の開幕投手と15勝を目標に掲げた。ソフトバンク・武田の宝刀でもあるパワーカーブの習得に着手。さらに直球も楽天・則本&巨人・菅野のような球威増へ、フォーム改良を行っていることを明かした。

 真っ白な雪に覆われた的場池球場。同市出身で地元でのトレーニングに、今永は一球一球、入念にフォームを確かめながら、キャッチボールを行った。3年目。チームの柱となるべく、まず口にしたのが開幕投手だった。

 「開幕戦は143分の1ではない特別な試合。やってみたい。与えられるものではなく、つかみ取るもの。キャンプ初日からアピールしていきたい」

 昨季はチームトップの11勝をマーク。だが、今永は現状に全く満足せず「新しいものにチャレンジして進化していかないと」と話す。ラミレス監督は今季開幕投手について、春季キャンプで争わせる方針を示しているが、キャンプ、オープン戦を通じ、結果で勝ち取るつもりだ。そのための明確なビジョンも持っている。

 (1)ソフトバンク・武田ばりのパワーカーブ 直球、スライダー、チェンジアップ、カーブの持ち球に120キロを超えるパワーカーブを加えることで投球のバリエーションを増やすことが目的。ソフトバンク・武田の動画を見て研究している。まだ完成度は「30%」というが、実戦投入へ練習を重ねている。

 (2)楽天・則本&巨人・菅野の剛球

 スピンの利いた直球で日本シリーズやアジアチャンピオンシップで奪三振ショーを演じたが「直球の質をもっと求めていかないと。則本さんや菅野さんの直球は押し込みが違う。真っすぐが相手が待っていてもファウルになる。そういう真っすぐがうらやましい」と語る。球威増へ、自主トレのパートナーである楽天・森に則本の練習法などを取材。トップの位置をつくる際に“間”をつくるフォーム改良で、より球にパワーを伝える形を模索している。

 「武田」+「則本・菅野」で「カード頭でエース級と対戦する中で15勝を挙げていきたい」。これが今永の18年版方程式だ。 (中村 文香)

[ 2018年1月13日 08:56 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:04月20日18時〜19時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム