PR:

日本生命 悔しい準V 序盤3度の盗塁失敗、1点のみ

スポニチ後援第43回社会人野球日本選手権最終日・決勝   日本生命1―3トヨタ自動車 ( 2017年11月12日    京セラドーム )

<日本生命・トヨタ自動車>準優勝に終わり、無念の日本生命ナイン
Photo By スポニチ

 2大会ぶり4度目の優勝を狙った日本生命は、3点差を追う9回に原田の犠飛で1点を奪うのが、精いっぱいだった。序盤3度の盗塁失敗など積極的な攻撃が不発に終わり、十河章浩監督は「動かして活発にいく形で選手に勇気を与えたかった。最初から仕掛けていこうと話していたが、結果的に私の采配ミス」と責任をかぶった。

 6回のピンチで登板した高橋拓は決勝打を浴び、試合後はベンチ裏で号泣。「自分のふがいなさで負けた。来年こそ都市対抗野球と併せて優勝したい」と声を震わせた。今大会4試合に登板、3勝を挙げた左の中継ぎエースを同監督は「投手陣はよく頑張ってくれた」とねぎらった。

 ▼日本生命・神里(DeNA2位指名)打線が援護できず、本当に悔しい。 結果

[ 2017年11月13日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月20日00時〜01時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム