PR:

ラミレス監督、執念継投に自画自賛「大きな決断がうまくいけばうれしい」

セCSファイナルS第4戦   DeNA4―3広島 ( 2017年10月23日    マツダ )

<広・D>好リリーフの今永(左)はラミレス監督と握手をかわす
Photo By スポニチ

 広島に4―3で逆転勝ちを収め、19年ぶりとなる日本シリーズ出場に王手をかけたDeNAのラミレス監督が執念の継投を自画自賛した。

 初回に3点を失いながら2回以降立ち直った先発のウィーランドが逆転して迎えた6回に無死一、二塁とすると、2番手・砂田をマウンドへ。この砂田が西川をストレートの四球で歩かせ無死満塁とピンチを広げると、すかさず3番手・三上にスイッチした。三上が岩本、小窪の代打陣を2者連続三振に仕留めると、今度は4番手・エスコバーをマウンドへ。エスコバーがわずか1球で田中を凡打に打ち取り1点リードを守ったまま6回を終えると、7回にはレギュラーシーズンでチーム最多の11勝を挙げた2年目左腕・今永を投入した。今永は菊池、丸を連続三振に仕留めるなど3者凡退でこの回を投げ終えると、8回も続投して再び3者凡退。9回は守護神・山崎康が締めくくった。

 「ウィーランドから今永につなぐプランだった」と打ち明けたラミレス監督は「救援陣が素晴らしい仕事をした。今永をベストのタイミングで使えた」とリリーフ陣に感謝しながら「どんな監督も大きな決断がうまくいけばうれしい」と自画自賛。「あしたもベストを尽くす」と言い切った。

[ 2017年10月23日 22:35 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月20日21時〜22時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム