PR:

奈良学園大・宮本に11球団から調査書 リーグ戦通算安打104に

近畿学生野球連盟 第5節2回戦   奈良学園大3―10和歌山大(8回コールド) ( 2017年10月20日    大阪シティ信用金庫スタジアム )

初回2死、奈良学園大・宮本は一塁への内野安打を放つ
Photo By スポニチ

 2回戦3試合があり、今秋ドラフト上位候補に挙がる宮本丈内野手(4年=履正社)擁する奈良学園大は和歌山大に8回コールド負けを喫した。

 今秋ドラフト上位候補の宮本が1安打を放ち、リーグ戦通算安打を104に伸ばした。阪神は畑山俊二チーフアマスカウトら2人態勢で視察するなど、オリックス、ヤクルトなど計6球団のスカウトが熱視線を送った。26日のドラフト会議を目前に控え、宮本のもとには11球団から調査書が届く。同僚の村上海斗外野手(4年=北照)にも7球団から調査書が届いた。

 試合は和歌山大に8回コールド負けを喫し、2季ぶりの王座奪回へ崖っぷちに立たされた。21日の阪南大戦に敗れれば、優勝はなくなる。宮本は「3番打者として勢いをつけることができなかった。これが実力です。残り2試合、しっかりやるだけです」と前を向いた。

[ 2017年10月21日 08:31 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:02月21日01時〜02時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム