PR:

満塁策裏目、拙守も…広島・緒方監督「守りから攻撃のリズムができなかった」

セ・リーグCSファイナルS第2戦   広島2―6DeNA ( 2017年10月19日    マツダ )

<広・D>9回2死、田中が空振り三振に倒れ最後の打者となり、緒方監督(中央)は渋い表情
Photo By スポニチ

 満塁策は完全に裏目に出た。1点差に迫った5回。2死二、三塁のピンチを招いた広島の野村は6番の柴田を歩かせた。続く代打・乙坂への初球。内角を狙ったカットボールは真ん中高めに浮いて中前に運ばれた。痛すぎる失投。2点を追加され、「勝負にいった球だけど、(捕手の)要求通りに投げられなかった」と悔やんだ。

 降雨コールドで勝利した第1戦で5回完封した薮田とは対照的に、再三走者を背負う苦しい投球だった。3回1死満塁で4番・筒香を空振り三振に仕留めたものの、続く宮崎に先制の2点打を浴びた。5回4失点でゲームメークに失敗。DeNAが息を吹き返す敗戦を喫し「本当に申し訳ない」とうなだれた。

 守備の乱れもあった。6回は2死一塁からロペスの右前打をバティスタが捕球ミスし、一気に一塁走者の生還を許した。短期決戦は一つのミスが流れを変えるだけに、痛い失点。チームが掲げる守り勝つ野球を体現できず、自慢の打線も2得点に終わった。緒方監督は「守りから攻撃のリズムという部分ができなかった」と嘆いた。

 昨季はDeNAに連勝し、アドバンテージ1勝を含めて一気に王手をかけた。その再現とはならなかったが、指揮官は「また切り替えていくだけ」と冷静に第3戦を見据えた。

[ 2017年10月20日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:12月13日23時〜00時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム