PR:

ロッテ井口 引退試合で9回劇的同点2ラン!ファン大興奮、最後は12回サヨナラ勝ち

パ・リーグ   ロッテ―日本ハム ( 2017年9月24日    ZOZOマリン )

9回無死一塁、井口は中越えの同点2ランを放つ
Photo By スポニチ

 ロッテ井口資仁内野手(42)の引退試合となる日本ハム戦(ZOZOマリンスタジアム)が24日行われ「6番・DH」で出場。2回の第1打席に左前安打を放った。試合には井口に内緒でロッテの選手全員が背番号6を着用して登場。引退試合を盛り上げた。1―3と2点ビハインドの9回には劇的な同点2ランを放ち試合を振り出しに戻した。

 球団公式ツイッターでは背番「6」着用はサプライズ企画だったと明かし「サプライズ成功!井口選手には内緒で本日の試合、選手全員が背番号6でプレーをします。『セカンドアップの時間なのにみんな出てくるのが遅いなあと思ったよ!』と井口選手」とつぶやき、サプライズを喜ぶ井口の反応を報告した。満員御礼となったスタジアムの観客も「6」と書かれたボードを手にして声援を送った。

 井口は2回の第1打席に左前安打を放ち塁上でニッコリ。4回の第2打席はニゴロ、6回の第3打席は空振り三振だった。

 2点差の9回。代打清田が右安打で出塁すると、続く井口が第4打席で増井の直球を強振。右中間へ運ぶ2号2ランを放ち土壇場で同点に追いついた。劇的なドラマにZOZOマリンのファンは酔いしれた。延長11回の第5打席は右飛だった。

 試合は3―3の12回、1死二、三塁で主将の鈴木がサヨナラ打を放ち、井口の引退試合に華を添えた。

[ 2017年9月24日 16:56 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:10月23日06時〜07時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム