PR:

工藤監督男泣き 屈辱のV逸から1年「“一つになろう”合言葉に」

パ・リーグ   ソフトバンク7-3西武 ( 2017年9月16日    メットライフ )

歓喜に湧くソフトバンクの選手らが工藤監督を胴上げ
Photo By スポニチ

 2年ぶりの優勝が決まり、選手の手で7度宙を舞ったソフトバンク・工藤監督。「ホッとしました」と笑顔を見せたものの、それでも優勝を逃がした昨年からの1年を振り返ると声を詰まらせた。「クライマックスシリーズで負けてから1年弱。このこと(優勝)だけを思って1年やってきました」。そう言葉を振り絞ると、目に涙をにじませた。

 昨年は11・5ゲーム差を逆転され優勝を逃した。「昨年の負けからの反省」としてチームが1つになることだけを考えてきた。「期待を受けながら勝てなかった。自分自身何とかしたい、しなければいけない。それだけの思いで“ワンダホー”という、一つになろうというその言葉を合言葉にやってきました」。秋季、春季、そしてオープン戦とそれぞれ高い課題を設定し、選手がすべてを乗り越えてきた。

 「なんの文句も言わず、乗り越えてくれた」と選手を頼もしく見つめた指揮官。「ファンのみなさんの思いが選手に伝わり、死にものぐるいで一試合一試合戦ってくれた。屈辱を晴らそうと思って戦ってくれた」。その結果が、この日のパ・リーグ最速となる優勝へとつながった。

[ 2017年9月16日 17:49 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:10月20日20時〜21時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム