PR:

日本ハム 武田 2軍戦で連続奪三振

 プロ野球のファームは14日、イースタン、ウエスタン両リーグで計4試合が行われた。

 日本ハム―巨人戦(鎌ケ谷)は日本ハムが6―3。ドラフト1位の先発・堀が5回1/3を8安打2失点で3勝目。今季限りでの日本ハム退団が濃厚な武田が2番手で登板し、2/3回を無安打無失点。青山、吉川大を連続三振に仕留めた。巨人先発・大竹寛は森本に9、10号、姫野に2号と3本のソロ本塁打を浴びるなど、6回7安打6失点(自責5)で2敗目(4勝)を喫した。

 DeNA―ヤクルト戦(ベイスターズ)は延長11回、5―5で引き分け。ヤクルトは延長10回に飯原の2号ソロなどで2点を勝ち越すも、その裏にDeNAは同点。そのまま引き分けた。

 オリックスは阪神戦(舞洲サブ)に8―6で逆転勝ち。先発全員の13安打をマークし、宗が3安打2打点と活躍した。阪神はロジャース1号ソロ、緒方3号3ラン、今成6号ソロと3本塁打。

 広島は中日戦(由宇)に4―3で勝利。ウエスタン・リーグ単独首位に浮上した。メヒアが15、16号と2打席連続アーチを放った。

[ 2017年9月14日 18:52 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月24日00時〜01時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム