PR:

マーリンズ 主催試合を敵地で開催 ハリケーン影響を考慮

 米大リーグ、マーリンズは13日、大型ハリケーン「イルマ」がフロリダ州に上陸した影響を考慮し、15日からマイアミの本拠地マーリンズ・パークで実施する予定だったブルワーズとの3連戦を、ミルウォーキーのミラー・パークで代替開催すると発表した。ブルワーズの本拠地だが、マーリンズの主催地合となる。

 マーリンズ・パークに大きな被害はなかったが、周辺のインフラ、球場職員の安全面などが万全でないと判断された。フィラデルフィアで行われたフィリーズ戦前に記者会見したマーリンズのマッティングリー監督は「賢明な決断」と語った。

 レイズもハリケーンの影響で、11〜13日に同州セントピーターズバーグで予定していたヤンキース戦をニューヨークで主催した。(共同)

[ 2017年9月14日 09:31 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:09月21日03時〜04時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム