PR:

【石井一久クロスファイア】“面食らった”阪神・鳥谷の羽子板打ち

<神・巨>3回無死、鳥谷は中前打を放つ
Photo By スポニチ

 先週、通算2000安打を達成した阪神・鳥谷で、僕が覚えている打席がある。メジャーからヤクルトに復帰した06年。初めての対戦(6月24日)は甲子園で、二塁手の頭上をライナーで越える中前打を打たれた。その時の感覚が、バットではなく、羽子板でポ〜ンと打たれたように感じた。

 点ではなく、バットの面で打つ。もちろん、羽子板のような広い面はないが、それぐらいバットとボールの接地時間も長く、面ではじかれたように感じた。僕のキャリアの中でメジャーリーガーとの対戦も含めて、その感覚は鳥谷のこの打席1度だけ。あくまでも打たれた投手の感覚だが、バットの面を使って打つ技術が2000安打の根底にあるのではないか。

 でも、鳥谷の一番凄いところはやっぱり、どんな状況でも打席に立ち続けたこと。歴代2位の連続出場記録を継続中だが、死球による骨折など、ケガがなかったわけではない。しかし、その恐怖心にも打ち勝ってきた。

 鳥谷の場合、守備の負担も大きい。今季は守備位置が遊撃から三塁に変わったが、一番強い打球が飛んでくるだけでなく、土のグラウンドの甲子園を本拠地とするだけに、三塁線のボテボテのゴロも多い。左右の動きこそ遊撃手と比べると、少なくなるが、その分、前後の動きが出てくる。決して守備が楽になったわけではない中で、打率3割前後をキープし、.236に終わった昨季からV字回復したことは凄いとしか言いようがない。

 ところで、今季の2000安打達成者は、日米通算の青木も加えると、中日・荒木、巨人・阿部に次いで4人目。昔は2000安打は、スーパースターの勲章だったが、今ではいい打者のベーシックな数字になっている。その意味では、200勝投手とのパワーバランスが崩れつつある。別に僕が182勝で引退したから言っているわけではない。僕は記録より記憶。あっ!記憶にも残ってないか。(スポニチ本紙評論家)

[ 2017年9月13日 09:26 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月20日05時〜06時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム