PR:

早大・高橋監督 痛恨の10回満塁併殺「勝てる試合だった」

東京六大学野球第1週最終日   早大2―3明大 ( 2017年9月11日    神宮 )

<明大・早大>延長12回2死二塁、明大・高瀬の中前適時打で二走・逢沢が生還。捕手・小藤
Photo By スポニチ

 早大は延長10回、同点に追いつき、なお1死満塁のサヨナラ機を築いたが、代打・熊田が一ゴロ併殺打。高橋広監督は「勝てる試合だった。投手は責められないよね。流れはうちに来ていたんだが」と悔やんだ。

 春首位打者の加藤が3試合無安打。「秋はマークされるからね。そこを乗り切っていかないと」と奮起を促していた。

[ 2017年9月12日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月24日09時〜10時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム