PR:

大和高田クラブ一挙7点で逆転 元近鉄・佐々木監督は主軸称賛

スポニチ後援 第42回全日本クラブ野球選手権第1日   大和高田クラブ9―2太田球友硬式野球倶楽部 ( 2017年9月1日    メットライフD )

4回1死満塁 勝ち越しに両手を叩く大和高田クラブ・佐々木監督
Photo By スポニチ

 大和高田クラブは2点を先制されるも、4回に打者11人で7点を奪って逆転。7回コールド勝ちで6年ぶり4度目の優勝へ好発進した。

 元近鉄監督で就任2季目の佐々木恭介監督は「1、4、6番が仕事をすると試合展開が楽になる」と、いずれも適時打を放った主軸を称えた。4年連続で8強へ駒を進めたが、最近3年は4強の壁に阻まれているだけに「次が一つのヤマ」と気を引き締めた。

[ 2017年9月2日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月23日09時〜10時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム