PR:

仙台育英 敗戦覚悟から一転サヨナラ!劇打の馬目「正直言うと、本当にもう終わったと」

第99回全国高校野球選手権大会3回戦   仙台育英2―1大阪桐蔭 ( 2017年8月19日    甲子園 )

<仙台育英・大阪桐蔭 高校野球>9回、馬目は左中間に逆転サヨナラ二塁打を放ち大阪桐蔭の春夏連覇の夢を打ち砕く
Photo By スポニチ

 大阪桐蔭の史上初となる2度目の春夏連覇を阻止したのは、途中出場していた仙台育英・馬目(3年)のひと振りだった。

 0―1で迎えた9回裏、2死満塁。それまで無得点に封じられていた相手の先発右腕・柿木(2年)の投じた1ストライクからの真ん中低め直球を叩くと、打球はセンターを越えた。一気に2者が生還するタイムリー二塁打。センバツVチームからサヨナラ勝ちでベスト8進出を決めると、甲子園を地鳴りのようなどよめきが包んだ。

 土俵際からの見事なサヨナラ劇だった。0―1で迎えた9回裏、2死走者なし。だが、ここから信じられないようなドラマが起きた。杉山(3年)が中前打で出塁し、渡部(3年)が四球で歩いて一、二塁。続く若山(3年)の当たりは遊撃へのゴロとなって転がった。一塁へ送球。だが、捕球体勢に入った一塁手の中川(2年)が試合終了を確信した笑顔とともに一瞬ベースから足を離してセーフ。1度は負けたと思ってから拾ったような2死満塁というチャンスに馬目が放った起死回生の一撃だった。

 「皆が2死走者なしから回してくれた打席だったので、何とかしようと思って打席に入った。ここで自分が最後になるかっていう場面だったので自分で決めてやろうという強い気持ちで入りました」と馬目。若山の遊ゴロで「正直言うと、本当にもう終わってしまった、と」思ったと打ち明けたが、「歓声がワーッとなって、まだ続いているんだなって思って。強く、自分が決めてやろうと思った」。試合後しばらく経ってからもまだ信じられないという面持ちの馬目だった。

[ 2017年8月19日 19:27 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:09月25日15時〜16時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム