PR:

二松学舎大付、圧倒19安打14得点 明桜破り好発進

第99回全国高校野球選手権大会第6日   二松学舎大付14―2明桜 ( 2017年8月13日    甲子園 )

<明桜・二松学舎大付>力投する二松学舎大付の先発・市川
Photo By スポニチ

 第99回全国高校野球選手権大会第6日は13日、甲子園球場で2回戦の4試合が行われ、第3試合は二松学舎大付(東東京)が明桜(秋田)を14―2で下し、3回戦進出を決めた。

 二松学舎大付は2回1死二塁から秋広の右前適時打で先制、続く市川、永野も適時三塁打を放って3点を奪った。4回は2死三塁から永野が適時打で加点。5回は相手守備の乱れに乗じて1点を挙げた。6回、7回には3点ずつ追加。9回にも7番・永井の適時打でダメを押し、計19安打14得点をマークした。永井は5打数5安打2打点だった。

 投げては先発左腕の市川が8回6安打1失点。打たせて取る投球が光り、凡打の山を築いた。打っては4打数4安打3打点と攻守で奮闘した。9回は田中彗が1死からソロを許しながらも、最後の打者を三ゴロに打ち取った。

 明桜は5失策と守備が乱れた。打線も6回の児玉の適時二塁打、9回の松本のソロによる2点のみ。先発・佐藤は6回途中12安打8失点。4四球と制球に苦しんだ。

[ 2017年8月13日 15:10 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:08月18日20時〜21時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム