PR:

【神奈川】横浜2年連続甲子園!増田4戦連発 ドラフト戦線に急浮上

第99回全国高校野球選手権神奈川大会決勝   横浜9―3東海大相模 ( 2017年7月29日    横浜 )

<東海大相模・横浜>校歌斉唱を終え、駆け出す増田
Photo By スポニチ

 第99回全国高校野球選手権大会(8月7日から15日間、甲子園)の神奈川大会決勝が29日に行われ、横浜が東海大相模を破って2年連続17度目の優勝を果たした。4番・増田珠外野手(3年)が4試合連続本塁打の神奈川大会新記録、1大会5本塁打の同タイ記録を達成した。30日に西東京決勝を迎える早実の清宮幸太郎内野手(3年)に匹敵する逸材が、甲子園を沸かせる。

 最後の打者の中飛をグラブに収めたまま、増田は両手を突き上げた。最激戦区・神奈川連覇の主役。黄金カードとあって3万人の満員札止めとなった観客席から拍手を浴びた。

 4戦連発の決勝弾。三塁打が出ればサイクル安打という4安打3打点。「本当にうれしい。ハマスタでは打てる気がします」。甲子園への最終関門たる夏の横浜スタジアムで、1年時から10試合で8本塁打を積み上げた。

 中学時代、U―15日本代表で4番。それでも長崎の球児にとって強豪・横浜の名はあまりにも大きく、旅立ちの時には「試合に出られるか分からないけれど、頑張ってくる」と家族に言った。力が認められ、1年夏からベンチ入り。決勝で立ちふさがったのが東海大相模だった。0―9と一蹴され、相手は全国制覇へ駆け上がった。

 「コテンパン。相模、嫌だなと思った」

 今春の県大会決勝でも13―14で敗れた。「横浜のユニホームを着ている以上、勝てなかったら恥ずかしい」。前夜は相手の映像を見て徹底研究した。

 相手先発は準決勝温存のエース左腕・安里ではなく右の秋田。平田徹監督が「予想外だった」という事態にも慌てなかった。初回、指1本分短くバットを持って左前へ同点打。そして3回だ。「前の打席で直球を2球見逃した。絶対、直球が来る」。読み通りの初球を叩いた。08年の東海大相模・大田泰示(現日本ハム)に並ぶ大会5号、高校通算33号が左翼席に消えた。

 アーチ量産の源は右手の押し込み。力が強すぎ、1年時には手首付近の骨を骨折した経験がある。視察したヤクルトの橿渕聡スカウトグループデスクは「左が清宮、安田(履正社)、村上(九州学院)なら、右は増田。巨人・長野みたいになれるイメージ」とドラフト1位候補野手と並べて絶賛した。

 さあ、再びの聖地。「早実が出てきてくれれば。清宮と相まみえたい」。28日に高校通算107号に到達した清宮にはSNSを通じて「おめでとう」と連絡を入れた。「宝物」という意味が込められた「珠(しゅう)」の名の通り、神奈川の至宝が甲子園でも輝きを放つ。(松井 いつき)

 ▼日本ハム・大田(東海大相模時代の08年夏、北神奈川大会で5本塁打。決勝の慶応戦で高校通算65号を放つも敗退)神奈川のレベルは年々、上がっている。いずれ自分の記録も抜かれると思うし、抜いてほしい。一つの目安になっているのはうれしいですね。増田選手には甲子園でも頑張ってほしいです。

 ◆増田 珠(ますだ・しゅう)1999年(平11)5月21日、長崎県生まれの18歳。小1からソフトボールを始める。中学時代は長崎リトルシニアに所属し、全国大会3度出場。3年夏にU―15日本代表入り。横浜では1年春からベンチ入り。家族は両親。1メートル85、83キロ。右投げ右打ち。 7月29日の結果  神奈川大会組み合わせ

[ 2017年7月30日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:12月18日09時〜10時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム