PR:

【神奈川】横浜、1年・及川が鮮烈夏デビュー 快投で初戦白星

第99回全国高校野球選手権神奈川大会2回戦   横浜12―0南 ( 2017年7月15日 )

4回を無失点に抑えた横浜・及川
Photo By スポニチ

 背番号11のスーパールーキーが鮮烈な夏デビューを飾った。あの愛甲も、松坂も、そして涌井もなし得なかった1年での夏の初戦先発マウンド。左腕・及川が1安打無失点の快投だ。

 「大事な初戦。でも緊張はなかった。良い投球ができた」

 千葉・匝瑳(そうさ)シニア時代、すでに140キロを投げた。日本代表のエースとして昨夏U15ワールドカップで準優勝。テレビ番組の企画でプロと対決した際には中日・平田から三振を奪って仰天させたこともある「世代No・1」の逸材だ。

 甲子園とプロ入りを目指して入学した。今春県大会でも東海大相模との決勝で先発に抜てきされたが1回1/3を5失点。しかしここから成長し、今月に入って自己最速143キロをマークした。

 この日は「最近、調子が悪くて不安だった」と初回に連続四球でピンチを背負ったが無失点。「フォームを意識して立て直した」と試合中に修正した。69球中、変化球は2球だけ。伸びる直球を軸に1安打6奪三振と好投し、視察した横浜OBのヤクルト・斉藤宜之スカウトも「とても楽しみ」と評価した。平田徹監督も「これから積極的に使っていきたい」と期待する。

 現在、横浜高ブルペンではエース専用の真ん中のレーンに横浜スタジアムと同じ土を入れて改修中。一日も早くここで投げることが目標だ。数々のレジェンドOBを輩出した名門に将来楽しみな投手が、また一人現れた。 (松井 いつき) 7月15日の結果  神奈川大会組み合わせ

[ 2017年7月16日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:10月20日00時〜01時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム